綾部 貴淑のベンチャー経営日記

オンライン講座「通勤講座」を運営するKIYOラーニング株式会社 代表取締役 綾部 貴淑の日記(社長ブログ)です。

なぜ「目的地を決める」ことを行わないのか

前回、何かを始める前に

 

まず、目的地を決める

 

ことが大事だというお話をしました。

 

旅行で言えば、

 

 ディズニーランドに行きたいのか、富士山に行きたいのか、ハワイに行きたいのか

 

を決めてから動かないと、いくら努力しても無駄かもしれません。目的地によって揃えるものも異なりますし、交通手段も異なります。これは、旅行であれば当然ですね。

 

しかし、こと仕事になると

 

目的地を決める

 

ことは、案外行われていないものです。

 

例えば

 

・詳細な報告書を作成する

 

必要がある時に、

 

 その「目的は何か?

 

ということは、案外考えられていなかったりします。

 

「毎月報告することになっているから」

「上司に言われたから」

 

というのは、本質的な目的にはならないことはほとんどの人が「わかってはいる」と思います。

 

しかし、組織では目的のない報告書の類が溢れていることが多いですし、もっと言うと、目的が定かでない報告書などの書類を作成する仕事に従事している人もたくさんいます。

 

また、「会議」も同じようなものかもしれません。目的が定かでない会議が沢山ある会社も多いでしょう。

 

このように、目的を定めようとしない、ということが組織や人では、良く見られます。

 

なぜ、組織・人は、

 

  目的を定めようとしない

 

のでしょうか?

 

これにはいくつかの理由が考えられますが、まず、

 

  最初に目的を確認する習慣がない

 

というのが、大きな理由だと思います。

 

目的を確認する習慣が無いので、

  

 ・いつもの習慣で長い会議をしている

 ・上司に言われると「ハイ、わかりました」といってすぐ作業に取り掛かる

 

という事が日常的に起こっています。

 

ここで、一般的な日本人は

 

 「この会議の目的は何だったでしょうか?」

 「まず、この作業の目的を教えてください」

 

と聞くでしょうか? 私は聞く人の方が少ないのではないかと思います。

 

このように私たち日本人は、「目的を確認するのを」避ける傾向にあるようです。

 

また、誰かが目的を確認しようとすると

 

 ・昔からそう決まってるんだ。

 ・つべこべ言わずやればいいんだ。

 

等と言われ、下手すると「変わった人だね」「生意気な奴だ」というマイナス評価までもらいそうです。

 

ここに、私たちが「目的を定めようとしない」2つ目の理由があります。

長くなったので、これは次回お話ししましょう。